2021-01-28

KOILが手掛ける「納棺の儀」1月28日より東京博善 施設内で提供開始

株式会社KOSAIDO Innovation Lab(東京都港区、代表取締役社長:根岸 千尋)は、1月28日より廣済堂グループの東京博善 お花茶屋会館にて「納棺の儀」サービスの提供を開始いたします。

動画URL:https://www.koil.co.jp/noukan/

2021年1月20日(水)に廣済堂グループのエンディング関連事業にて、「廣済堂シニア・エンディングプラットフォーム構想」を発表いたしました。豊かなシニア・エンディングライフを実現すべく、「ありがとう」に溢れる価値あるサービスの提供を目指す中、KOSAIDO Innovation Lab(略称:KOIL)では、本構想の指針・戦略に基づいたサービス提供に向け、各種新施策の事業化を推進しています。

その1つとしてご喪家に新たなグリーフケアの場を提供し、ご喪家が望まれるお別れができるよう、この度「納棺の儀」サービスの提供を開始いたします。

「納棺の儀」とは

通夜や告別式前にご喪家や近しい方々のみで行う重要な儀式の1つです。ご喪家に見守っていただきながら、納棺士がメイクや仏衣へのお着せ替えをし、故人様を生前同様の綺麗なお姿にお整えいたします。ご喪家の皆様で、お着せ替えやメイクをお手伝いいただくことも可能なため、大切な方の最後の時を思いのままお見送りいただけます。

KOILが実施する「納棺の儀」の特徴

■映画『おくりびと』にも活かされた確かな技術・サービスをご提供
2008年公開の納棺士をテーマとした映画『おくりびと』。本作にて技術指導をした納棺士の高い技術力によって「納棺の儀」を提供させていただきます。

■すべてご喪家とともに「納棺の儀」を実施
お着せ替えをする際など、納棺士によってはご喪家に一時退出をいただいたり、パーテーション等で仕切を置いたりすることもございますが、KOILが提供する「納棺の儀」は、すべての流れをご喪家に見守っていただきながら、故人様をお整えいたします。確かな技術があるからこそ、故人様とご喪家との最期の時間を離すことなく、厳かな時を提供いたします。

■生前愛用されていた衣服やお化粧品などが使用可能
確かな技術力を有しているからこそ、ご喪家に寄り添い、ご希望に沿ったサービスのご提供をいたします。生前にスーツをよくご愛着されていた故人様に対し、スーツにお着せ替えすることも可能です。お化粧も生前の故人様のお顔に近づけるよう、本格的なメイク道具でお化粧を施します。ご愛用されていた口紅やアイシャドウなども使用可能です。

今後、東京博善 他施設においても順次サービス提供を検討して行く予定です。「ありがとう」に溢れる価値あるシニア・エンディングライフを実現すべく、「納棺の儀」サービスを提供してまいります。

「廣済堂シニア・エンディングプラットフォーム構想」について
廣済堂グループのエンディング関連事業において目指すべき指針・戦略を定めた構想。豊かなシニア・エンディングライフの実現を目指し、「ありがとう」に溢れる価値あるサービスの提供を行う。
URL:https://www.kosaido.co.jp/press/4062/

【本件に関する問い合わせ先】
株式会社KOSAIDO Innovation Lab 担当:本多
〒105-8318 東京都港区芝浦1-2-3 シーバンスS館13F
03-3453-0570


関連記事